« ドラゴンマガジンの7月号を購入! | トップページ | 『OPEN SESAME』の20巻を購入! »

2008年5月23日 (金)

活弁ファンタジー in 横浜

山崎バニラの活弁ファンタジーin横浜に行ってきたfoot
会場は、神奈川県民ホールという場所event
地図で見る限り迷うような場所ではないのだが、
初めて行く場所だったから、道に迷いに迷ったcoldsweats01
『日本大通り』という駅から、会場に行くまでに
少なくとも4~5人の人に道を尋ねて周り、
あっちをフラフラこっちをフラフラとsweat01
会場の神奈川県民ホールはかなり綺麗な外観でしたbuilding
さてさて、やっとこさ辿り着いたのは19時ちょい過ぎclock
迷ったせいで会場到着とともに、開演という状態。
汗だくの状態で着席し、しばし待つ事15秒くらい。
オープニングアニメーションが流れ始めたmovie
宇宙船バニラ号が横浜県民会館ホールに到着するという、
ストーリーの3DCGアニメーションが終わると、
山崎バニラさんの登場heart04
簡単な挨拶の後、1本目の上映開始soon
タイトルは『心の力』という戦前の昭和初期の
切り絵で作ったアニメーション。
切り絵とは思えないくらいに滑らかな動きをしているのには、
ビックリですsign03時代が時代なだけに全編モノクロ。
話的には、お守りを持つ事により、強くなり、
強敵にも立ち向かって行けるけど、お守りを持たないと、
なかなか勇気は出ない。でも、本当はお守りなんてなくても、
立ち向かっていく勇気と自信があれば、強くなれるという、
まさに心の力というか気の持ちようで、
人は強くなれるっていう感じのお話。
バニラさんの軽快な大正琴での弾き語りと
活弁によって、愉快に楽しく鑑賞できたnotes

この後、少しだけトークと宣伝タイムsandclock

で、次の作品ハロルドロイドの『豪勇ロイド』の上映開始movie
こちらも話的には先程と同様で、
気の持ちようで強くなれるという話。
なんでも1本目の『心の力』という作品は、
2本目の『豪勇ロイド』を元に作成されたらしいですear
なので、ストーリー展開は安心して見れた。
バニラさんのピアノ弾き語りの選曲もまた良かったgood
上映が終わると、帰りはバニラさんによるお見送りがあったsign01
そう、何気にこのお見送りは毎回恒例のようで、
去年の横浜公演でもやってたし、
清泉女子大公演でもやってたし、
その前の文化放送ホールの時もやってた。
多摩美術大学の時は、記憶が定かではないけどsweat01
て訳で、バニラさんと握手したのは、
少なくとも4回はしているscissors
これからも、バニラさんを応援してくつもりなので、
また何回も握手できる機会があるかも知れないpaper
次回の公演の予定は決まってないけど、
関東周辺である場合は、是非行きたいと思ってるshine

|

« ドラゴンマガジンの7月号を購入! | トップページ | 『OPEN SESAME』の20巻を購入! »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517148/21172792

この記事へのトラックバック一覧です: 活弁ファンタジー in 横浜:

« ドラゴンマガジンの7月号を購入! | トップページ | 『OPEN SESAME』の20巻を購入! »