映画・テレビ

2008年7月 3日 (木)

番組がかぶる(T_T)

タイトルが如く、観たい番組が被りますbearing
水曜日で言うと、
『狂乱家族日記』と『スレイヤーズ レボリューション』
木曜日で言うと、
『ToLOVEる』と『乃木坂春香の秘密』
どっちも観たいsign03
けど、HDDはダブル対応じゃないから、
選択せざるを得ない状態sweat02
てことで、水曜日は『狂乱家族日記』
木曜日は『乃木坂春香の秘密』にしようかと思ってるtv
被るなんてことは、昔からあった事だから、
今更だけど、これほどまでに観たいものが被るってことは
今までなかった気がするcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

ステキな花と昭和39年

今日は、昼間は木場公園辺りをフラフラしてましたfoot
赤や青の綺麗な花が咲いてましたtulip
080517_01_4 赤い花はポピー




080517_02_2 青い花は矢車草




080517_03_2 で、こんな感じに咲いてましたcamera
とってもステキな景色でしたよ~shine
青い花って、可愛くて綺麗ですよね~heart04
でも、春もそろそろ終わり、
来月辺りからは夏の花が咲き始めるかも…
露草とか紫陽花はいいけど、
ひまわりとかあさがおってあんまし好きくないwobbly
なんか、小学生みたいな気もするしsweat02

さてさて、夜は
『日めくりタイムトラベル』、
今日は昭和39年の特集でしたsign01
やっぱ、この番組は楽しいなnotes
見知らぬ昭和の世界をいろいろ知れてとっても楽しいnotes
昭和39年という年は、
東京オリンピックがあった年だそうですear
この番組を見てて思ったことは、
この年に発展した物はかなり多いように思えました。
オリンピックまでに全てを間に合わす、
当時の行動力には目を見張るものがありましたeye
そして、間に合った結果に対して、
河野大臣は「やればやれる」とか、
ほざいてるのが印象的でした。
↑あんたがやった訳じゃないだろannoyと思いつつも、
如何に当時の政治家の力があったかという事には、
驚きましたsign01ちょっと現代じゃ考えられない感じsweat01
約40年前、高度成長期に入る時代の日本というのは、
ホントに活気があったんだなとつくづく思う。
そして、東京オリンピックがあったおかげで、
技術の発達が一歩前進したという事実にまた驚きでした。
今、世間では2016年のオリンピックの開催を
東京でやろうという話がありますが、
実際、開催したところで、当時ほどの発達があるのかsign02
と言うのがかなり疑問です。
昭和39年のオリンピックの開催は、結果論だけど、
本当に意味があったように思えました。
海外旅行が当たり前になり、且つ、
外国人とのいざこざが終始続けられる現代の日本社会に
2016年にオリンピックを開催する必要はあるのかsign02
何兆何億と税金が使われるのは分かっていて、
日本の赤字はだんだん嵩む一方なのではないだろうかsign02
さらには、現代の東京の住民が当時程度に、
オリンピックに盛り上がれるかsign02というのも疑問ですdespair
盛り上がらないオリンピックに費やされる税金を
考えると個人的には、開催は控えて欲しいと思ったりsweat02
決定して、消費税とか上がったら最悪だしwobbly

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

GWが始まった。

やっと、ゴールデンウィークが始まった感じsweat01
なんか、今年ってさ、休みのタイミング悪いよね~
さて、始まった初日、何をしてたかと言えば、
溜まってた録画物をいっぺんに見てましたtv
いわゆる、ダラダラ過ごすっていう王道行為wobbly
そりゃ、気合としては
「連休中に何か作りあげるぞ!」とか思ってるけど、
その気合が出ないんだから、仕方ないよねsweat02
それに休みなんだから、休んで何が悪いって話だしgawk
『名探偵コナン』の映画も連休中は混んでそうなので、
来週にでもするかなって事で、
今の所、外に出る気もないですwobbly
今日、見てたのは『狂乱家族日記』や『xxxHolic』など、
ほとんど30分アニメだけど、実写映画も1本見ましたeye
タイトルは『ヅラ刑事』movie
ヅラ刑事~頭上最大の決戦~
モト冬樹主演のコメディタッチの刑事ドラマですslate
内容としては、
原子力発電所から核燃料をテロリスト達から
東京で爆発させるという予告ビデオが届けられ、
都民を守るために立ち向かうというストーリーpencil
確か先月の中旬くらいに深夜に放送されてたから、
録画しといたので、いつか見ようと思って見たのが今日sweat02
正直、C級~D級映画って感じで、役者も演技も予算も
いろいろダメな感じだけど、これを良いという人を否定はしないcoldsweats01
このクソ映画っぷりを良いという気持ちも分からんでもないしsweat01
なんてゆーか、ヘヴィメタルで言うと、
『Not Fragile』とか『Fahrenheit』とかを良いって、
言っているようなもんだしネhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

日めくりタイムトラベル 昭和34年

今回の『日めくりタイムトラベル』tvの特集は昭和34年でしたsign01
昭和34年…今から、49年も昔ですwatch
当然、生まれてないし、生きてないsweat02
でも、生まれてないからと言っても、
それ以前の出来事に興味がないかというと
そんなことはないので、こういう昭和特集の番組はスキですheart04
江戸時代とかになると、あんまし興味ないけど、
昭和以降の歴史には興味ありsearch
太古のロマンっていうと、ちょっと言い過ぎだけど、
発展途上の日本はなかなか魅力的でありますnotes
古きを知って新しきを知る、いわゆる温故知新。

自分が前回この番組を見た時は昭和53年特集をしていて、成田空港建設における、激しい戦いを映し出していて、成田空港って、こんな抗争があった場所なのかsign02って、初めて知りましたsign01別に知らなくても生きていけるけど、知ってて損はないし、歴史を知ることで、成田空港という場所の価値観や見方が変えられる。そう思うといろんな歴史を知っていることは、新たな価値観を見出す事が出来るので、悪くないように思いますflair

さてさて、話はちょっとズレたけど、
今回の昭和34年特集もなかなか面白かったnotes
ちなみに、どんな出来事があった年だったかというと…
4月に美智子様の成婚パレードがあったり、
9月下旬に伊勢湾台風があったり、
12月に日本レコード大賞が始まったり、etc…
した年ですmemo
時代背景や文化が思い浮かばないかも知れないけど、
そんな年だったようです。中でも興味引いたのは、伊勢湾台風typhoon
当時の伊勢湾台風というのは、大変な被害を出したようです。阪神大震災が起こるまでは、関西方面では、この伊勢湾台風が最大の災害だったらしいrainそして、伊勢湾台風の被害状況を初めて見たのだが、屋根近くまで上昇してきた洪水の影響で、人々は皆屋根に昇り、非難しているという状況が印象的だったsign03で、現代のようにテレビに映し出される映像が全てモノクロで、総天然色(カラー)じゃないから、時代的にまだ発展していない事を物語っていて、画面が薄暗い事もあり、不気味にすら見えましたshockこの台風での死者は5000人を上回り、死者の多くの死因は、台風による高潮や、0メートル地帯であるが故の水引の悪さによる、汚水の蔓延などが主な原因らしい。

このような映像が映し出されて思うことは、
今まで生きていて、いわゆる大災害に見舞われたことがないので、大地震や大洪水の怖さは分からないけど、今の東京に、こんな災害が訪れたらそうなるんだろうsign02ってこと。想像つかないし、したくもないbearing
自分が生きている間に天災が起きない事だけを祈るばかりだbell

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

『ポリスストーリー』を見てた

今日は、昼過ぎくらいから雨rainが降ってきて、
外に出るのも面倒だったんで、
先週の木曜日の『木曜洋画劇場』で放送されていた
『ポリスストーリー』を録画したビデオを見ていたtv
ジャッキーチェン主演のアクション映画ですmovie
ポリス・ストーリー 香港国際警察 デジタル・リマスター版 感想としては、アクションは物凄いから、見てて飽きる事はないんだけど、ストーリー展開が速すぎて、時々理解に苦しむcoldsweats01よく言えば、リズムよく進むから、爽快感があるとは言えるけど…まぁ、アクションがメインの映画だから、「面白ければ、細かい事情なんて関係ないぜsign01
と言われれば、そこまでだけどsweat02
実際、面白いからこれ以上文句は言わないけどねsweat01

この映画、まだジャッキーがハリウッド進出する前。
てゆーか、ハリウッド進出したのかなり最近だけどsweat01
まだ、母国特有の泥クサさがあって、かなり熱くなれるimpact
そして、この映画の主題歌のサビが、また面白いhappy01
♪~チョン チー ハウ~♪
意味は分かんないけどインパクト抜群ですbomb

さてさて、
今週の木曜洋画劇場もジャッキー主演の映画のようです。
木曜9時にいる方は是非movie

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

『仮面ライダーBLACK』原作凄すぎ!

今週中、ずっとBS2で放送している
『とことん石ノ森章太郎』
本日は、仮面ライダーシリーズを特集していますsign01
確か深夜3時くらいまで放送してるはずだから、
文章書いてる現在も放送中のはずtv
何気に石ノ森ファンの私(…っていくつだよ?)は、
今週の夜は毎日が楽しみでしたhappy01
石ノ森作品でも、あんましアニメの方は好みじゃないので、
見てない日もあったりはしますがcoldsweats01
『仮面ライダー』スキですheart01
平成版というか、クウガ以降はあんまし見てないから、
分かんないんだけど、ブラックまでは興味アリeye
テレビ版の『仮面ライダーBLACK』(あらすじは、こちら)は
シャドームーンとか出てきて、
あれはあれで悪くないけど、やっぱ原作がスキheart04
原作って、シャドームーンとか全然関係なくて、
ただひたすらに、
「オレ(南光太郎)は何者なんだ?」みたいな
自分探しを熱く続けるところが、最高に面白いhappy02
あたしが今まで読んできた作品の中で、
『仮面ライダーBLACK』の終わりほど、
斬新な終わり方はないsign01
読み終わった時、
「え?これ終わりなの?」っていう衝撃がありましたthunder
テレビ版は全部は見てないから、終わりは知らないけど、
きっと原作ほどの衝撃はないんじゃないだろうかsign02
原作は、終わり近くになるとオーストラリアの
デビルズロックに行き、
未来の支配者と対峙するシーンがあり、
そこで、初めて敵と思われる仮面ライダーBLACKと対面。
その仮面ライダーが言う意味深な台詞、
「私はおまえなのだ。」
たいていの漫画って読んでると、
「どーせ、こういう展開になるんでしょ?」ってのが、
見えてくるじゃないsign02だから、この台詞を読んだ時、
「あんたは信彦でしょうが!」って、ツッコミを
心の中でしてたりするんだけど、実は…bomb
この作品のどんでん返しには驚きましたsign03
今でも、このラストを越える作品はここ最近ではないですねsweat02
展開もとてもスリリングでずっとドキドキしっぱなしですheart02
この作品に『萌え』なんて雰囲気は一切ないけど、
とても精神的な何かが刺激されるthunder
この『仮面ライダーBLACK』という作品は、
『仮面ライダー』の本来の意味での
改造人間が故に人の暖かさが強ければ強いほど、
愛する事が出来ない苦しみがとても刺激的に描かれていますart
個人的には、『仮面ライダー』よりも
『仮面ライダーBLACK』の方が衝撃度は凄かったthunder
これを当時、連載で読んでた人はどう思ったんだろうsign02

仮面ライダーBlack (3) (小学館文庫) 仮面ライダーBlack (3) (小学館文庫)

著者:石ノ森 章太郎
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちなみに、石ノ森作品を読んでて思うことは、
後半になると殆どの作品が、変身しなくなるという傾向が
あるのがイイのか悪いのかsign02何故か変身しなくなりますcoldsweats01
例えば、『変身忍者嵐』では、ハヤテが変身しなかったり、
『イナズマン』ではサブロウがイナズマンに変身しなくなったり…
あたしは、通じゃないから、その魅力が判りかねるところだけど、
そこも魅力なのかも知れないですshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

尾道とバニラさん♪

今朝の『生活ほっとモーニング』には、
山崎バニラさんが出演していましたshine
山崎バニラさんとは、とっても可愛い声を出して、
頻繁に毒も吐いたりする活弁士さんですheart04
番組では、広島県の尾道という場所を
散策していましたfoot
バニラさんのブログにも書いてありましたが、
とっても情緒溢れる町並みだと思いましたhappy01
あたしは、尾道には一度も訪れた事はないのですが、
どの景色もなんとなく見たことあるなぁ~
って思っちゃいましたsweat01というのも、
確かにテレビでは、初めて見る景色なんだけど、
実はあたしの読んでる漫画で知っていましたbook
マガジンスペシャルで連載されている
『ぱすてる』っていう作品ですshine
ぱすてる(18)
話としては、尾道を舞台に主人公の『麦』と『ゆう』が
一つ屋根の下で同居して織り成す激ピュアラブコメディーheart01
現在も連載中ですpencil今回の放送を見て、
「あ~、やっぱり尾道って坂道多いんだ~」って、
本物の景色を見て、疑似体験的に『ぱすてる』の世界を
思い出しながら見てましたtv
「あ!ここ見たことある」って景色がたくさん見れて、
しかも、バニラさんのトークも聞けて、
とっても楽しく見れましたnotes良い朝の一時でしたsun
また再放送して欲しいなshine
そういえば、バニラさんと漫画で思い出したのが、
『日めくりタイムトラベル 昭和53年』でも、
そんな話があったのを思い出しましたflair
清里のペンションを訪問してた時に紹介されていた漫画、
『年下のあんちくしょう』という作品sign01
当時、この漫画がとっても人気があったらしく、
この漫画の舞台である清里のペンションhouse
女子高生達が次々と訪れていたそうです。
好きな漫画の舞台が本当にあるって知ったら、
やっぱり見てみたくなるものみたいですeye
今日の尾道の散策で当時の女子高生の気持ちが、
ちょっと分かった気がしましたwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

CMにイライラ(-_-+)

あたしが見ててイライラするCMです。
悔しいことに出演してる犬はとっても可愛いし、
出演している俳優も決して悪くないと思うし、
何のCMかも凄くよく覚えるけど、
決して面白いとは思わないbearing
しかも、面白くないのにシリーズで続いてる。
先生や父親が犬というのが、何かムカつくpout

皆さんもうお分かりですね。
そう、ソフトバンクのCMです。
いつ見ても早く終われとか思ってます。
ホワイトプランだか何だか知らんけど、
正直どーでもいい。
こんなCMなんだったら、すぐに終わった
「○○ちゃんは、ソフトバンクじゃないから」
の方がまだマシよsign01
なんて思ってるのは少数派かも知れないけど、
あたしはそっちを支持します。
まぁ、あれはあれで最低なCMだったけどpunch
ソフトバンクのCM、もうちょっとどーにかして欲しいねcoldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

『ちーちゃんは悠久の向こう』を観た♪

シアターN渋谷で、
『ちーちゃんは悠久の向こう』を観てきた♪080209_01
始まってだいぶ経っているからか結構空いていた。原作読んだ事なかったから、どんな話なのかと思っていたけど、タイトルの通り…あ~、やっぱそーゆーことなのね。って感じ。でも、凄くロマンチックな話だったと思う。
別に涙は出なかったけど、心では泣いたつもりf(^_^;最後に部長が「もんちゃん」って呼ぶのが可愛かった♪エンディングの奥華子の曲もなかなか良かった♪

でもね、個人的には、この映画を見てて、
ずっと頭の中で渦巻く映像があったの。
それは、20年位前に存在した
『東京少年』ってバンドの『Harmony』のPV。

なんか、幼なじみの2人の男女の子供の頃の話から始まって、
桜の風景が印象的で、高校生になっても仲が続き、
最後にお別れしていく感じが凄くダブって見えた。
なんかもう、映画見てても頭の中では、ヘビーローテで
『Harmony』が流れてた。
♪~ 思いだして あの頃の とけあう涙を ~♪
って、あたしは何歳だっつーのf(^_^;
ちなみに、この曲は『堀北真希』主演の『東京少年』って映画を
YOUTUBEで検索してたら、偶然知った曲。
他の『HIGH SCHOOL DAYS』って曲も良かったので、
只今、BOOK OFFとかで『東京少年』のアルバムを買い漁ってたりします。
いや~、笹野みちるの歌詞はグッとくるものがあるね。
当時、東京少年を応援してた人と話してみたいな。
ちなみに、その『HIGH SCHOOL DAYS』って曲

♪~
Just Too late Too Sad 君ともう会えない
Just Too late Too Sad 2度と戻れない
Just Too late Too Sad 時を待とうか
Just Too late Too Sad そんなこと何度も考えたLonely Days ~♪
もう、なんか昔を思い出すとグサっとくる。
てゆーか、この曲もちいちゃんのテーマに合いそうな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月31日 (木)

『グミ・チョコレート・パイン』を観た!

試験も終わったってことで、
試験終了の飲み会などに参加する訳でもなく、
真っ直ぐ直帰。
別に試験の話なんてしたくないし、
傷を舐めあうのも面倒いし、
他人の結果なんてどうでもいいし、
って事で、帰りは誰に会うでもなく直帰。
理由は簡単。
『グミ・チョコレート・パイン』が明日までで、
ロードショーが終わっちゃうから、観に行くため。
以前も書いたけど、チケットは持ってるから、
観に行かないともったいないよね。
で、PM6:50からの回を観に行く事にした。
もう終わりも近いというのに、結構観に来る人が
続々入場してきたのには驚いた(@_@;)
まぁ、自分もその1人だから、
何ともいえない心境ではあるんだけど(-_-;)

内容的には、結構下ネタが多い印象。
少年漫画やライトノベルとか結構読んでる、
あたしが言うのもなんだけど、
男の子って、意外と女の子考えてる事は、
そんなに変わんないだなぁ~って思った。
何話しかけていいか分かんなかったり、
意外な一面を知って好きになったり、
とか、男の子もやっぱそういうもんなんだね。
この映画で一番印象に残ったシーンは、
最後の方のシーンの賢三と美甘子が別れるところ、
美甘子が賢三に
「わたしのこと、好きだって言ってくれるのかと思った。」
みたいな台詞が印象的だった。
あたしの人生において、今後、
こんな台詞を言う事はあるんだろうか?
言ってみたい憧れの台詞の1つではあるけど、
言う機会がありそうかっていうと、
今のところ、そんな未来は見えないっす(-_-;)

ちなみに、『グミ・チョコレート・パイン』の後の
時間に上映されている
空の境界』って映画が気になった。
時間があれば観に行きたい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧